土鍋で炊飯 かまどご飯釜で炊くお米は最高です!超耐熱セラミック土鍋「黒樂シリーズ」

商品一覧

黒樂かまどご飯釜(大)部品交換に関するご報告

営業日のご案内

8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

休業日

営業時間:9:00~17:30

TEL:0120-910-920

e-mail:info@oishii-wa.jp

愛媛 鯛めし

瀬戸内海は鯛どころ。

特に魚の宝庫として知られる宇和海を望む伊予地方では昔から様々な鯛料理が作られ、鯛めしもその中のひとつです。

頭や中骨からはよいダシがでるので、美味しくて、しかも経済的。

生臭くならないように多めの塩をふり、下焼きをしてから炊き込むのがポイントです。

 

材料 (4人分)

白米 2合
300cc
薄口醤油 大さじ2
大さじ2
生姜 大1片
 
鯛のアラ 1尾分
適宜
 
柚子 適宜
大葉 5枚

作り方

材料

鯛のアラは血合いなどを水で洗い流してよく拭いた後、たっぷりの塩を振り10~15分ほどおく。

出てきた水分をペーパータオルなどでしっかりと拭き取る。

魚焼きグリルなどでしっかりと焼き目を付け、生臭みを取り除く。

米をといで水に30分~1時間浸水させる。浸水させておいた米の水気をよく切ってからご飯釜に入れ、水、薄口醤油、酒、千切りにした生姜、③を加えて蓋をする。

中火~強火にかけて湯気が勢いよく上がってくるまで沸騰させ、そのまま約2分待つ。火を消して、そのまま20分おく。(蒸らしも含む)ご飯が蒸らし終わったら、鯛のアラを取り出し、底から大きくかき混ぜる。

完成

器にご飯を盛り、鯛のアラをのせる。あられ切りにした柚子の皮、千切りにした大葉をその上にのせて完成。※鯛のアラは骨を取り除き、身をほぐして混ぜていただく。

 

フリーダイヤル:0120-910-920