土鍋で炊飯 かまどご飯釜で炊くお米は最高です!超耐熱セラミック土鍋「黒樂シリーズ」

商品一覧

黒樂かまどご飯釜(大)部品交換に関するご報告

営業日のご案内

10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

休業日

営業時間:9:00~17:30

TEL:0120-910-920

e-mail:info@oishii-wa.jp

京都 たけのこご飯

春の訪れを告げる京都の朝掘り筍は柔らかく、香りも上等と言われています。

筍ご飯は年に一度は食べたいもの。錦糸卵と木の芽を添えて春らしさを演出しましょう。

 

材料 (4人分)

白米 2合
水(筍の煮汁も含め) 300cc
   
ゆで筍 150g
油揚げ 1枚
【A】  
だし汁 400cc
薄口醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
   
1個
少々
木の芽 適宜

作り方

材料

油揚げを熱湯でゆでて油抜きし、水気を絞って細かくみじん切りにする。ゆで筍を穂先は薄切り、根本は1㎝の角切りにする。

鍋に【A】の調味料を合わせ、①を入れて弱火で15分ほど煮る。

ザルに上げて汁気をよく切る。(煮汁は炊飯に使用するので取っておく。)

米をといで水に30分~1時間浸水させる。浸水させておいた米の水気をよく切ってからご飯釜に入れ、水(③の煮汁も含む)、③の具材を加えて蓋をする。

中火~強火にかけて湯気が勢いよく上がってくるまで沸騰させ、そのまま約2分待つ。火を消して、そのまま20分おく。(蒸らしも含む)ご飯が蒸らし終わったら、底から大きくかき混ぜる。

卵に塩を加えてよく溶きほぐす。フライパンに薄く油をしいてよく熱したら、濡れ布巾の上に一度取り、卵を回し入れて手早く薄く広げる。表面が乾いてきたら盆ザルなどの上にひっくり返して取り出す。細く千切りにして錦糸卵にする。

完成

ゆでた筍の皮にご飯をそっと盛り付け、錦糸卵と木の芽を添える。※筍の皮がなければ茶碗に盛る。

 

フリーダイヤル:0120-910-920