土鍋で炊飯 かまどご飯釜で炊くお米は最高です!超耐熱セラミック土鍋「黒樂シリーズ」

商品一覧

黒樂かまどご飯釜(大)部品交換に関するご報告

営業日のご案内

10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

休業日

営業時間:9:00~17:30

TEL:0120-910-920

e-mail:info@oishii-wa.jp

島根 うずめ飯

山間の小さな盆地にある島根県鹿足郡津和野町はわさびの里として知られています。

清らかな水源に恵まれ、山麓の寒冷地を利用して栽培された津和野のわさびは、特有の粘りと香りがあり、辛さの中にもほのかな甘みもあり良質です。「うずめ飯」は質素倹約を強いられた江戸時代に、たっぷりのわさびをご飯の下にうずめて食べたのが始まりとの説もあります。

 

材料 (4人分)

白米 2合
300cc
 
人参 30g
椎茸 大2枚
絹ごし豆腐 1/3丁
だし汁 2リットル
小さじ1
薄口醤油 大さじ1
 
せり 1/2束
刻み海苔 適宜
本わさび 適宜

作り方

材料

米をといで水に30分~1時間浸水させる。浸水させておいた米の水気をよく切ってからご飯釜に入れ、新しい水を加えて蓋をする。

中火~強火にかけて湯気が勢いよく上がってくるまで沸騰させ、そのまま約2分待つ。火を消して、そのまま20分おく。(蒸らしも含む)ご飯が蒸らし終わったら、底から大きくかき混ぜる。

人参、椎茸、豆腐を5㎜角のあられ切りにする。鍋にだし汁を温め、人参、椎茸を入れて煮る。煮えたら豆腐を加えて温め、塩、薄口醤油で味付けをする。

わさびをたっぷりとすりおろす。

完成

器の底にすりおろしたわさびを入れ、そのわさびをうずめるように温かいご飯を盛る。その上から③の熱々のだし汁をたっぷりとかける。刻んだせりと刻み海苔をのせて完成。

 

フリーダイヤル:0120-910-920